生活習慣や食生活の乱れが原因で起こる低体温|改善する為に見直そう

平均体温を上げるとお得

マグカップを持つ人

体温を上げる活動とは

温活とは、体の体温を日頃から高める事で冷え症等に前向きに対する活動を言います。特にダイエットや体質改善に有効な方法です。ダイエットをしている人で、成果がでないと感じる事はないでしょうか。体温を図り、低い場合は低体温が原因の1つです。低体温とは一般的に平均体温が35℃台の人です。体温が低いと血管も細くなり、血流が悪くなります。その為、栄養を体の隅々まで行き渡らせ難くなり、浮腫みの原因にもなります。また、基礎代謝が落ちる事で脂肪が燃焼され難くなります。温活で体温を1℃上げると基礎代謝は12%上がると言われています。基礎代謝は心臓の活動や呼吸といった生命活動です。体温を今より上げる事で、何もしなくてもエネルギー消費がしやすいので、痩せやすい体になる事ができます。

方法と外せない事

体温を上げる代表的な方法は、温活グッズの活用や、食事の見直しです。温活グッズでは普段着用する衣服にプラスするだけの簡単で、始めやすい方法です。使い捨てカイロやレッグウォーマー等を活用します。特に皮下脂肪の少ない首回りや、大きな筋肉である太ももやお尻を温める事で、効率よく体温を上げる事ができます。食事は内臓を温める効果があるので、体の内から温活ができます。体を温める効果がある食材を常日頃から意識して取り入れる事で、自然に熱を生み出しやすい体になれます。しょうがや発酵食品が代表的な食材です。特に食事の場合、朝食は必ず摂る様に心掛ける必要があります。朝は最も体温が低い時間帯です。朝食を摂らないと、体は冷えきったままになります。他の時間帯で温かい食事を心掛けるよりも、朝食は温活には外せない食事です。

このエントリーをはてなブックマークに追加